江原道リップスティックに含まれる保湿成分の一覧

保湿成分:シア脂、ホホバ種子油、スクワラン(オリーブ由来)、シソ種子油、アボカド油、アルガニアスピノサ核油、アフリカマンゴノキ核脂、ローズヒップ油、リボフラビン(VB2) ・香料、合成色素、石油系鉱物油、パラベン不使用


 

江原道マニアのあきこです!

江原道のリップは、その自然由来の成分や保湿力が高く人気のリップです。

私は唇が乾燥しやすく、たくさんのメーカー製品のリップを使用してもほぼくちびるが皮剥けしてしまいまっていました。

 

江原道 リップスティックは乾燥や皮剥けするのか?

私は今までたくさんの他メーカーのリップスティックを使用してきましたが唇が荒れやすいのでどのリップを使用しても、、

ほぼほぼ、、荒れました。。。

いや、荒れるのが当然のように皮剥けしてました、はい。

ティントリップ(色が落ちにくいタイプのリップ)なんて使用したらバリバリに乾燥して唇の皮剥けがもっと激しい。。

 

くちびるを修復してくれるリップの使い方

可愛いリップで、可愛いカラー展開のあるメーカーはないのか?といろいろ探して試してみたところ、江原道にたどりついたのが使用したきっかけになります。

江原道のリップは、使用感がとても気に入っていて2年ほど前からリピートしています。

薬用リップを下地に塗った後、江原道リップを使用すれば、乾燥が激しい場合でも保湿力が非常に高くいため、ツヤツヤなくちびるになります!

江原道のリップを使用してから、寒い冬でも乾燥や荒れに悩まされる事もめっきり減りました。

 

ただ、体が不調な時や空気の乾燥がひどいときは、荒れる事も。。。

 

くちびるの修復!荒れない対策について

江原道のリップは、単体でも荒れにくい優しい成分で、一本でもかなり保湿力が高いのが特徴ですが、口コミをみていると、それでも荒れると言われるレビューもいくつかありました。

極度の乾燥しやすい方や、乾燥が激しい場合の対策は、薬用リップトリートメントのと併用すると、私の場合ですが、どんなに乾燥が激しい場合でも1日中荒れずに過ごす事が出来ました。

 

江原道リップはもともと保湿トリートメントの役割も担っているため、発色がやや薄めです。

もともと優しいカラー展開になっているので、薄付きでナチュラルな発色が好きで普段使いしたい方はちょうど良いと思います。

しかし、強めにしっかりと発色させたい場合は、薬用リップと併用してしまうと不向きです。

 

唇の皮がむける原因

くちびるには、皮脂腺や汗線がなく、水分が蒸発しやすく顔や体の中でも最も乾燥しやすいパーツになります。
顔や他の部分よりも皮膚が薄いため、冬やエアコンの効いた夏など空気が乾燥しやすい時期は保湿ケアが必要になってきます。

くちびるを無意識に舐めてしまうのも乾燥してしまう原因になるので、癖のある人は特に注意が必要です。

また紫外線による影響で唇が乾燥しやすくなってしまうこともあるので、UVケアリップクリームの使用をオススメします!

私が使用しているのは、江原道のUVリップクリームはSPF16 PA+です。
こちらもほんのり色づくコーラルピンクでとても使いやすくお気に入りの一つです!

 

江原道リップオススメな人

  • くちびるが乾燥しやすい
  • 皮剥けしやすい
  • 普段使い
  • ナチュラルなカラーが好き

 

江原道の人気ファンデーションや下地についてもレビューしています!

66.9%オフのトライアルセットや、化粧品の方も気になっている方はどうぞ。

> 江原道ファンデーションの口コミと実際に使用して検証した結果